忍者ブログ

ガンバらないのは勿体無い

ガンバ大阪サポ・お笑い好き・深夜ラジオリスナーの日記。推しは藤春廣輝とアルコ&ピース。 貯金はないけど脱サラ予定。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ガンバ大阪 ジェットコースターのような2014シーズン

一つ間を空けて…ガンバの記事の続きです。
これまでどういう感じでガンバを応援してきたか、軽く説明も兼ねて書きます。
J1復帰元年となった2014年シーズン、開幕前からエース宇佐美が怪我で不在となり、得点力に不安がある中で迎えました。
予感は的中し、シーズン当初はとにかく得点が思うように取れない日々。。
観戦しに行ったナビスコ杯予選、神戸戦ではFWの佐藤、リンスと得点が取れ、期待をしていたのになかなか得点できず…。
長谷川監督もFW遠藤・倉田を試していくもフィットせず、前半戦はまさかの降格圏に沈んでいました。
そのころ私は就活の真っ最中、W杯もありましたが日本戦の日に限って選考が入るなどなかなかサッカーを見る暇なく過ごしていました。。
そのW杯終了後、ガンバは見違えるように連勝街道を突っ走るわけですが、大きな要因は中断期間中に行った意識改革と、パトリックの加入でした。
パトリックの加入は本当に大きく、前線でのボールキープとカウンターという新たな強みをもたらしてくれました。
これまでのガンバはつなぐ意識が強い分、安易なパスミスが引き金でズルズル悪い流れになる…というのが多かったです。これは西野監督時代からの懸念点でした。
これがパトリック加入後は、困ったら右サイドにロングボールを蹴っておけばパトリックが追い、キープし、あわよくばゴール前まで攻められるように。
前半戦から通用していた守備に攻撃力が加わったことで、怒涛の反撃を続けました。
そんな中、私が観に行ったのは連勝が止まった万博名古屋戦のみ。。
(今月7日の広島戦で負けるまで、その後リーグでは1年以上無敗…)
ただ、オンデマンドに加入して常に試合は見ていました。
そして、負ける気がしないままあっという間の三冠達成!
途中出場の選手達も軒並み活躍を見せるという、勝つチームの戦い方を最後まで貫きました。
最悪ともいえる時期を乗り越えて栄冠をつかみ取ったチームは、2015シーズンへ。
続く。

拍手[0回]

PR

日本代表戦 カンボジア戦 おおざっぱすぎる感想

前回の続き…といきたいところですが、今日はちょうど代表戦でしたのでその感想を。
相手はカンボジア代表。二次予選の中では世界ランキング最下位で、当日のネットの記事では「勝ち点1取るのすら難しい…」という相手監督の弱気な発言が取りだたされていました。。
しかし、日本代表にとってはアウェイの試合、油断は絶対に禁物の試合でした。
試合前の情報から、前回のシンガポール戦から大きく入れ替えることが大方の予想でした。
個人的には本田が活躍度に合わない依存度合いをここ数試合見せており、あまり良い印象を持っていなかったので(特にFK、どれだけ決めてないんだ)本田抜きでどれだけの試合ができるかに注目でした。
まずスタメン。
我らがガンバ大阪の藤春廣輝、宇佐美貴史が両名先発でした!
他の選手では、長友とキャプテン岡崎が注目でした。
以前の米倉のように、まさか藤春が右SBでゃないだろうな…と思ったら、長友が右SB、藤春はいつも通り左SBでした。
試合のほうは…前半モヤモヤ続き。
最後の藤春のシュートが惜しくて、そのシーンしか印象に残っていません。。
あとは危ない場面が多くて、二次予選で良かったなと。
後半、柏木が入って流れが変わった印象でした。
岡崎はPKを外してしまうも…その後のFKでオウンゴールを誘発。
宇佐美はあまり目立てず本田と交代。
そしてその本田が、後半45分に藤春のクロスからゴール!
藤春、特に守備面で課題は見えましたが最後にアシストという結果を出してくれました!
昨年までとはクロスの精度が別人のようで、今シーズン良いところでアシストしてくれます。
後半の最後まで縦で走って突破できるのは昔からですね。
そして私の思惑とは異なり、結局本田がいないとだめだ…という雰囲気になった、そんな試合でした。
宇佐美はもうどの試合でもいいから一点取れ!
明日からは前回の続きを書きます。

拍手[0回]


ガンバ大阪 再出発の2013シーズン

またまた前回の続きです。
初観戦がまさかのJ2降格の試合となってしまった私。
2012シーズン、まだタイトル獲得が残されていた天皇杯から、再び定期的に会場へ足を運ぶようになりました。
…とはいっても、チケットが取れたのは準決勝の鹿島戦のみ。
1-0で勝ち、初めて勝ち試合に参戦できました。
最後は決勝で敗れてしまいましたが、主力選手達も多く残留し、期待が持てるなかでのオフシーズンでした。

そして迎えた2013シーズン、これまでのシーズンとは違い生え抜きの選手の活躍が目立ったシーズンでした。
開幕戦でゴールを決めた阿部、期待の若手CB西野、ボランチ内田。
監督に就任した長谷川健太監督の、「若手・ベテラン関係なく、調子が良く最も活躍できる11人を選ぶ」という姿勢が如実に表れていました。

そして夏からは元バイエルンの肩書きを持つ宇佐美がガンバへ戻り、時を同じくして宇佐美と同学年・ユース出身の大森が試合に出るように。
二人の2013シーズン初出場の試合は天王山・神戸戦でしたが、見事勝利!
その後も宇佐美は1試合1点ペースで得点を重ね、大森も豊富な運動量で貢献します。
「アシノミクス」とまで言われた、アウェイ独特の盛り上がりに苦戦する試合もありましたが、無事目標通りのJ2優勝を達成しました。

個人的には5月の岐阜、8月の福岡、11月の熊本と三か月おきに万博へ行き、無事全勝!
2013シーズンは守備の構築、また個人的にはJ2の良さにも触れ、国内サッカーにさらに詳しくなれた一年間でした。

拍手[0回]